2015年05月28日

「囲い込み問題」その2

前回に続いて「囲い込み問題」。
「近所にわからないように売りたい」「多少金額が下がっても確実に業者に売りたい」等事情がある方は別にして、一般的には高く売りたい財産。
広く情報を提供してお客様を探してくれてると思ったら、他社には教えずに自社だけでお客様を探していてなかなか売れない「囲い込み」状態。これは売却を依頼した方にとっては大問題です。
それでは「囲い込み」をされないようにするにはどうすればいいのでしょう。
信用のおける人間に任せるのが一番ですが、売却を委任する際に
1、レインズ(委任を受けた業者が義務づけられるネット登録)に図面も登録してもらう。
2、図面上に細かい住居表示も入れてもらう。
3、図面に地図も入れてもらう。
4、「囲い込み」をしないよう営業マンに念を押す。もし「囲い込み」をしたら監督官庁に申し入れをします  と伝える。
以上これだけやればほぼ大丈夫でしょう。
それでも心配な方は連絡いただければもっと別な方法もお教えします。売却の相場もアドバイスいたしますのでご連絡ください。

不動産についてのご相談は「株式会社常栄」まで、随時無料不動産相談を行っております。ご所有地の適正価格の調査はもちろん「この物件を購入して大丈夫かな?」「この価格で売却するけど妥当なのかな?」等どんな小さい相談でも、お気軽に連絡ください。
東京都知事(14)第11134号
株式会社 常栄
国分寺市南町3−23−3
042−323−6664 株式会社常栄ホームページ
☆営業電話は1本もいたしません
posted by jo-ei at 00:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。