2015年03月12日

「収益物件」その1

最近俄然注目を浴びている「売りアパート」等の収益物件、現在の低金利を考えると確かに魅力的。利回り8%なら単純計算で13年で元が取れる計算です。
ただし、あくまで通常表示されている利回りは「満室想定」であることをお忘れなく。今や半分近く空室のアパートも珍しくはありません。家賃も将来下がることはあっても、上がることはまずありえません。
また、実質利回り計算には物件取得経費、維持費も算入する事が必要です。
物件取得に関わる経費には「仲介手数料・登記費用・不動産取得税等」。維持費には「固定資産税・管理会社に支払う管理費・共用部分の水道光熱費・J−COM費用・建物修繕費等」が考えられます。それらの費用に加え上記「空室率」や「将来の家賃の値下がり」も考慮し検討するべきでしょう。
特に金融機関からの満額借り入れで物件購入される方、一歩間違えると元利金の支払いが家賃収入を上回る事だって。
もう一点はいざと言う時に売却できるような物件を選ぶこと。「利回り」に惹かれて将来売却できないような物件(土地)を買わないように注意してください。

次回詳しく書きますが、経費の優遇を考えて法人を設立して物件を購入される方。しかも満額近い借入れの場合には「家賃収入で法人の利益は上がっても元金の返済で手元現金がなくなっていく」と言う現象が起きてくるんです。次の機会に数式入りで説明します。



不動産についてのご相談は「株式会社常栄」まで、随時無料不動産相談を行っております。ご所有地の適正価格の調査はもちろん「この物件を購入して大丈夫かな?」「この価格で売却するけど妥当なのかな?」等どんな小さい相談でも、お気軽に連絡ください。
東京都知事(14)第11134号
株式会社 常栄
国分寺市南町3−23−3
042−323−6664 株式会社常栄ホームページ
☆営業電話は1本もいたしません
posted by jo-ei at 09:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。