2015年03月06日

「売り先行」「買い先行」

ご自宅を売却して新たに不動産を購入する場合に「先に買いの契約をしたが、自宅が売れなくて困っている」と悩んでいる方が結構いらっしゃいます。
「○○○○万円なら売れますので先に買いの契約をしましょう。そうしないとこの物件、売れてしまいますよ」と言われても現在のお住まいにローンが残っている場合は慎重に行動しましょう。
「住宅情報誌等で自宅マンションの相場がわかっているから大丈夫」と言う方、知っているかとは思いますが住宅情報誌に載っている価格はあくまで「売出し価格」で「成約価格」ではありません。
万一「買い」の残金決済までに自宅が売れなければ一時的に自宅と購入物件の2重の支払いになります。融資は受けられても、いつ自宅が売れるかわかりませんし、耐え切れず最終的に大幅値下げをする事になる可能性も。物件って売り急ぐとなかなか売れないものなんですよね。
もし「買い」を先行するなら@「自宅が相場より安くしか売れなくても構わないので是非今欲しい」と思うくらいの物件が見つかった時かA不動産会社の「買取保証制度」の買取保証額で売れれば十分納得の方。
弊社が「売り買い」の仲介をする場合には基本的に「売り先行」。「売り」の契約を済ませ、ローンの内定も取ってから「買い」の契約をしていただきます(できれば売りの決済を済ませてから、仮住まいして買う物件を探してほしいくらいです)。
慎重すぎていい物件を買いそびれる事もあるでしょう、それでもいいんです。物件は縁物、必ずまた気に入る物件が現れます。

不動産についてのご相談は「株式会社常栄」まで、随時無料不動産相談を行っております。ご所有地の適正価格の調査はもちろん「この物件を購入して大丈夫かな?」「この価格で売却するけど妥当なのかな?」等どんな小さい相談でも、お気軽に連絡ください。
東京都知事(14)第11134号
株式会社 常栄
国分寺市南町3−23−3
042−323−6664 株式会社常栄ホームページ
☆営業電話は1本もいたしません
posted by jo-ei at 23:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。